介護保険とは
 
   老人介護
  〜家族で協力しあおう!〜

介護保険痴呆症とは公的サービス支援サービス緊急時の応急処置お問合せ

 
    

 介護保険とは



現在の日本は、高齢化社会が進み、介護の負担が社会問題化する中、介護の負担をできるだけ減らそう
と2000年4月に始まったのが介護保険制度です。介護保険制度はあまり知られていない方もいるのではないでしょうか。
介護保険とは40歳以上の国民から徴収した保険料と、国と地方自治体の公費を財源にした、
介護(※)が必要と認定された方が費用の1割を負担することで受けることのできる保険制度です。
サービスとして、訪問ヘルパーによる食事、入浴、トイレなどの身の回りのサポートやリハビリを受けたり
介護施設の利用などが出来ます。中には葬儀についてもサポートしてくれる施設もありますが、基本的に葬儀は家族など関係者が手配しなければいけません。埼玉で葬儀をしたいと要望があっても施設側を困らせてしまいますので気をつけましょう。

→ 医療体制の整った有料老人ホーム有料老人ホーム

(※)65歳以上の方(第1号被保険者)介護や支援が必要と認定された場合。
40歳〜65歳未満の方(第2号被保険者)特定の疾病が原因で介護や支援が必要と認定された場合。




介護保険の申し込みから認定

介護保険のサービスを利用するには、介護が必要である状態であるということの認定(要介護認定)
を受ける必要があります。
この認定は、最寄りの市区町村の役所へ申請すると受けることができます。
申請後には、市区町村の役員や委託を受けたケアマネージャーと呼ばれる介護支援専門員が家庭を
訪問して調査を行い、この調査結果を元にコンピューターによって一次判定が行われます。
その後、一次判定の結果と主治医の意見書を元にした、医療、保険、福祉などの専門家による
介護認定審査会の検討によって、最終判断が下され決定します。




判定基準とは
認定作業を経て最終的に介護の必要度により「自立」「要支援」「要介護1〜5」に分類されて
認定結果が通知されます。下記に表を記載しますので参考にして下さい。

  症状の目安 支給額上限
(東京都の場合)
要支援 ほぼ自立して生活する能力があるが、生活する上で
何らかの介助が必要な状態。
64,300円
要介護1 自立した生活はある程度できるが、歩行や立ち上がりなど
の動作に多少の不安があるなど、部分的な介護が
必要な状態。
175,400円
要介護2 歩行や立ち上がりなどの動作が難しいことが多く
日常生活に支障をきたす状態、食事や排泄など
部分的または全面的な介護が必要。
205,800円
要介護3 歩行や立ち上がりなどの動作がかなり難しく
食事や排泄などに全面的な介護が必要な状態。
283,200円
要介護4 立ち上がりなどの動作が非常に困難で、生活の
大部分に全面的な介護が必要な状態。
323,900円
要介護5 寝たきり状態など生活に必要な動作がほぼ
できなく、生活全般に全面的な介護が必要な状態。
379,500円




介護保険で介護サービスを利用できる条件


被保険者は介護が必要となった時、介護サービスを利用した場合に保険給付をします。但し
第1号被保険者は、住所地の市町村に保険料を納めていれば上記通り介護サービスを利用
できるのに対し、第2号被保険者は、介護が必要になった原因が、特定疾病
(老化との間に医学的関係)の場合に限定されます。





特定疾病


・初老期における痴呆
・骨折を伴う骨粗しょう症
・関節リウマチ
・両側、膝関節または股関節の変形性関節症
・筋萎縮性側策硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう:ALS)
・後縦靱帯骨化症(こうじゅうじんたいこっかしょう:OPLL)
・シャイ・ドレーガー症候群
・脊髄小脳変性症(SCD)
・脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)
・早老症(ウェルナー症候群)
・糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症
・脳血管疾患
・パーキンソン病
・閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう:ASO)
・慢性閉塞性肺疾患(まんせいへいそくせいはいしっかん:CDPD)



check

海パンや短パン姿をスマートに履きこなすために。

陰部 脱毛

アンティーク家具でお部屋をおしゃれに。

シャビーシック

あなたのお布団を清潔でふわふわに!

布団 クリーニング

ひとつひとつ心を込めてお作りしています。

お祝い 花

おしゃれな輸入雑貨を多数取り揃えています。

アメリカン雑貨

最終更新日:2014/12/12

 

Copyright 2008 老人介護 All rights reserved.